2010年01月25日

首相グループ、総務省に届け出へ(時事通信)

 鳩山由紀夫首相が率いる民主党の政策グループ「政権公約を実現する会」(会長・大畠章宏衆院議員)は21日、政治団体として総務省に届け出る方針を固めた。政治資金規正法が政治団体に課した収支報告書の提出などの義務を免れていた疑いがあるとの批判を受けたためで、28日の総会で正式決定する。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「政治資金規正法」
石川議員の辞職求めず=鳩山首相
検察の「勇み足」=石川容疑者逮捕で田村内閣府政務官
誤報と回答、法務省はしてない=小沢氏の不記載了承報道
検察聴取で潔白証明を=首相が小沢氏に期待

<東名阪死亡事故>過労運転させた疑い 運行責任者ら送検(毎日新聞)
<臓器移植>大阪で40代男性脳死判定 86例目臓器提供へ(毎日新聞)
<陸山会土地購入>「小沢氏に調達相談」 石川議員供述(毎日新聞)
ネットワークは粘菌に学べ 単細胞でも効率的な経路形成(産経新聞)
陸山会土地購入 石川容疑者「小沢氏に事務処理を報告」(毎日新聞)
posted by シンジヨウ テリオ at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日米安保改定50年 共同声明「アジア太平洋の平和に不可欠」(産経新聞)

 ■オバマ米大統領「関与揺るがず」

 日米安全保障条約の改定署名から50年に当たる19日、両政府は日米同盟がアジア太平洋地域の平和・安定の維持に「不可欠な役割」を果たしていると位置づけるとともに、安保協力深化のための対話強化をうたった共同声明を発表した。沖縄を含む基地負担の軽減と米軍の適切な駐留を含む抑止力維持を明記し、同盟への国民の強固な支持の維持を重視する考えも表明した。決着がついていない米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題には具体的には触れなかった。

 両国の外務・防衛担当4閣僚による共同声明では、日本防衛と地域の安定維持を「最も重要な共通戦略目標」とし、北朝鮮の核・ミサイル計画への対処や、中国との協力関係発展に取り組む決意を記した。アジア太平洋地域の枠を超えた自然災害や人道支援への協力も表明した。大量破壊兵器の拡散防止や、オバマ大統領が掲げる「核兵器のない世界」の追求での協力強化も打ち出した。

 鳩山由紀夫首相は19日、同盟を21世紀にふさわしい形で深化させ、年内に成果を示すとの談話を出した。オバマ大統領も同日、「日本の安全保障に対する米国の関与は揺るがない」との声明を発表した。

「何回言われても分かりません」涙をまじえ、否認を貫く菅家さん(産経新聞)
首相、公邸にこもる=秘書官通じコメント(時事通信)
野党、「対検察共闘」発言を批判=菅氏は首相かばう(時事通信)
江戸川で郵便局強盗 500万円奪い男が逃走(産経新聞)
<小沢幹事長>厳戒体制のなか長崎で集会に出席(毎日新聞)
posted by シンジヨウ テリオ at 13:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。