2010年04月12日

鳩山政権の政策、自民PTが検証(産経新聞)

 自民党無駄撲滅プロジェクトチーム(PT、河野太郎座長)は5日、平成22年度予算の「事業仕分け」を党本部で始めた。鳩山政権の目玉政策である子ども手当や高速道路無料化、農家戸別所得補償制度などを対象に行い、いずれも「財源や検証方法が不透明」などの理由で「不要」との結論を出した。

 PTでは党所属国会議員ら約10人が判定者となり、関係各省の担当者から説明を聴取。子ども手当では、党側が「役人として良心の呵責(かしゃく)はないのか」と詰め寄る場面もあった。

 政府は今月23日から、独立行政法人などを対象とした事業仕分け第2弾を行う。河野氏らは党のPTが事業仕分けの「元祖」であることを強調するとともに、鳩山政権の目玉政策に切り込むことで、対抗する狙いがある。6日も行う。

【関連記事】
谷垣総裁、河野氏ら起用で批判かわせるか
「平沼・与謝野新党」邦夫氏参加見送りへ
自民がネクスト・ジャパン新設 中堅・若手を起用
自民選対本部に若手登用を表明 谷垣氏「ねじれ起こす」 執行部刷新の声も根強く
子ども手当「悪用必至」ネット上で批判
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」 固定タグ name
url

「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

「首長新党」来週旗揚げ 代表に山田杉並区長(産経新聞)
<発砲>福岡で会社に銃弾5発、ガラス扉割れる けが人なし(毎日新聞)
平城宮跡 第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞)
4児死亡火災、火元は車内のライターと断定(読売新聞)
支援者「再審開始すべきだった」=名張毒ぶどう酒報告会−名古屋(時事通信)
posted by シンジヨウ テリオ at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。